富士工業(fuji)ガイドのサイズと種類の見方

ロッド

fujiガイドのサイズ表の見方

日本で販売されているロッドガイドのシェアNo.1の富士工業さん。日本だけではなく世界的にも多くのロッドに使われているfujiガイドは現在は多くの材質・サイズが発売されてあります。

一般的なメーカーより販売されているロッドのガイドはほぼこのfujiガイドとなってます。

2,000円や3,000円の安いロッドはfujiガイドではありません。

そんなFujiガイドの種類を今回は紹介したいと思います。

  • 自分が使用しているロッドのガイドがどんな種類のガイドなのか?
  • ガイドフレームの材質は”ステンレス”なのか?それとも”チタン”なのか?
  • このリングは”トルザイト”リングなのか?
  • “SIC”リングなのか?”O”リングなのか?

知ってますか?

参考になるように、fujiガイドの種類など整理したいと思います。

ガイドフレームの種類

まずはガイドフレームについて、ガイドフレーム(トップガイドのフレームも同じ)の種類には大きく分けて2種類あります。

  • ステンレス
  • チタン

どちらも金属で『ステンレス』『チタン』とありますが、高価で人気があるのはもちろん『チタン』フレームになります。

『チタン』は硬度・腐食性にも『ステンレス』よりもとても優れていますので、サビにも強い素材となってます。そして、重さに関しても『ステンレス』よりも『チタン』の方が軽量となってます。

一般的に2万円以下のロッドの多くはステンレスフレームが使用されていることが多いです。

ガイドの違いで感度も変わる

ラインから伝わる感度は、ガイドからロッドへ。そしてロッドから手元に伝わります。『チタン』フレームは”固く”て”軽い”ので『ステンレス』よりも『チタン』の方がラインからロッドへ伝わる感度が良いと言われてます。

チタンフレームは高い

チタンフレームは高価なガイドの種類になります。

各メーカーのロッドで定価が2万円を超えるロッドに関してはこの『チタンフレーム』を使われていることが多いですので、ロッドを購入する際にはメーカーのHPをチェックしてどんなガイドが使用されているかチェックしてみてください。

ちなみにチタンフレームのガイドならガイドのフレームに『チタンフレーム』なら刻印がしてあります。

上の写真のちょうど中央部に見えるのが「TITANIUM」と刻印されていますので、自分のロッドがステンレスかチタンか不明な場合はガイドを見てみましょう。

リングの種類

リングとは、ラインが接する黒い硬い素材の部分です。

主に”SICリング”が主流でしたが、2013年に登場した”トルザイトリング”も最近は定着してきました。

この”SICリング”と”トルザイトリング”の大きな違いは『薄さ』『軽量』『強い』『ラインに優しい』となってます。

価格はTORZITE(トルザイト)リングが一番高く、O(オー)リングが一番低価格なリングとなってます。

同じサイズでどんな感じで違うのか比べてみました。

コレは『KLガイド』ですが、左側は”SICリング“、右側が”トルザイトリング“となってます。

フレームはどちらも『チタン』ですが内径の大きさが全く違います

“SICリング”は現在も多くのロッドガイドに搭載されてますが、”トルザイトリング”の登場、発売によって、各メーカーは販売中のロッドのバリエーションを増やし、『軽量』『感度アップ』などのバージョンアップの商品を出してます。

ただ、PEラインを使用する際に、テンションを掛けた時に音鳴りがするケースもありますので、必ずしも”トルザイトリング”が良いとは限らないようです。

ちなみにトップガイドのリングだけSICにしているメーカーも沢山あります。

ガイドの重みも含めたロッド開発もありますので、そのような場合はケースバイケースで、ガイドリングを選んであるようです。

ちなみに下記の写真の中央部に”トルザイトリング”の刻印『TZ』で確認することができます。

非常に小さいですが『TZ TORZITE』と書いてあります

ガイドの型名(名前)

ガイドにも色んな形がありますので、それぞれ『〇〇ガイド』と呼ばれています。

例えば、アジングロッドなどの軽量なロッドの多くのティップガイドには『KTガイド』

ベリー付近に使われる『KBガイド』やバット部分に使われる『KLガイド』や『ATガイド』など。トップガイドには『KGガイド』や『MNガイド』など沢山の種類がありますので、その中からリングサイズが合う商品、目的に合ったガイドを選び使用しています。

ATガイド

トラウトや管理釣り、そしてライトソルト(アジング・メバリング)用のライトゲーム用のロッドによく使用されているATガイド。バットガイドとして利用することが多く、軽量化と柔軟性を最優先に作られたガイドとなってます。

ATガイドの特徴は1本足なので軽量でしかも高さが保てるガイドです。

KLガイド

このガイドは『KLガイド』

こちらは良くエギングロッドのバットガイド(チョーク)に使われている『KLガイド』で、この『KLガイド』にも足が長い商品や短い商品、そしてチタンフレームだったりステンレスフレームなど種類が沢山あります。

ちなみに上の写真のフレームには『TZ TORZITE』と刻印してあります。

RVガイド

最近よく見かけるのがRVガイド。

バットガイド・チョークガイドによく使用されてます。

サイズによりスピニング用とベイト用に使い分け。極軽量・小口径・背高・リバースフレーム設計となり、
キャスト時および釣行時の糸絡み回避と糸通りに極めて優れた次世代型の傾斜フレームガイドです。

富士工業ガイド記号の見方

ガイドを注文するときに、いろんな種類の中からガイドを選ばなければなりません。そんな時にガイドの種類を確認するために多くの記号を使用されてます。

この記号を覚えとくと、ガイドの種類や素材などもすぐにわかるようになります。

ガイドの特性

ガイドを選ぶ際に重要視するのは、『予算』と『材質』です。予算関係なくガイドを選ぶとすれば、軽量で固く、錆にもつよい『チタンフレーム』一択になります。

富士工業さんのHPには更に詳しい情報が掲載されてますし、ガイドのセッティング情報もあるので是非チェックしてみてください。

私はガイドだけではなく、リールシートや投げ釣り用の天秤やスイベルなど色んな商品を愛用してます。

AGSガイドも登場

ダイワからは独自に開発したカーボンタイプのガイドフレームもあります。

今のAGSガイドは昔のタイプに比べて薄く仕上がりカッコよくなりました。

ひと昔前の登場したころのAGSガイドはデカくて厚みがあってあんまり人気なかったんですけど、DAIWAの技術開発の進歩によって、強くて軽くカッコいいガイドシステムになってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました